Burma

ネットワーク部門下で、ビルマ(ミャンマー)とのネットワーク構築、プロジェクト内容の議論を行っています。
ビルマはMISの共同代表がMISを創設するきっかけとなった国であり、現在多くの国際協力団体が支援を行っています。近年、政府側からの民主化が行われつつあるビルマですが、政治問題、難民問題、教育問題など様々な社会問題が存在します。

2014年8月にJBSIの内の複数のメンバーがビルマを訪れ、その時に知り合った僧院で日本語を教わっているクラスと連絡を継続してとり、ビルマの社会問題についての議論を行い、その解決策となるプロジェクトを考えています。
2015年の3月には再度ビルマへの視察渡航を行う予定です。その際に現地の学生との議論を通して、その後のプロジェクトを具体化していくことを目指しています。

連絡先:misjbsi2014@gmail.com

広告